PRODUCT

ControlSpace® ESP-880Aengineered sound processor

アナログ8入力x8出力、Bose AmpLinkポート(8ch)を装備、高度なデジタル信号処理機能を備えた高品質オーディオシグナルプロセッサー。
280,000 円 (税抜/1台)
  • ESP-880A

オープンアーキテクチャを採用したDSP、ControlSpace ESP-880Aは、小規模な独立システムから大規模なネットワーク化されたシステムまで幅広い用途に対応します。8×8のアナログI/Oを搭載し、Bose AmpLink出力、48 kHz/24ビットのオーディオ変換に対応した高度なデジタル信号処理機能を備えています。また、卓越したパフォーマンス、低レイテンシー、超低ノイズ動作を実現します。

Ethernet(設定・制御用、リアパネル)、RS-232(シリアル)、制御入力(5系統)、制御出力(5系統)に加えて、ボーズのアンプにデジタルオーディオを伝送するBose AmpLinkポート(8ch)を装備。また、Crestron®やAMX®などの業界標準の制御システムとの統合をサポートし、ControlCenterデジタルゾーンコントローラーやControlSpace RemoteアプリなどのBose Professional提供のエンドユーザーコントロールとも連携します。

 

1. アナログ入出力端子:8chマイク/ライン入力端子(バランス)、8chライン出力端子
2. AmpLink出力端子(8ch):AmpLink搭載のボーズアンプと接続するためのコネクター
3. GPO端子(5ch):5系統の汎用制御出力
4. GPI端子(5ch):5系統の汎用制御入力
5. RS-232端子:5線RS-232(DTE)シリアルインターフェース接続
6. CC-16コネクター: Bose CC-16ゾーンコントローラー接続用
7. Ethernet端子:制御・設定・モニタリング用
8. ACインレット

高品質のアナログ回路
マイクおよびラインレベルのI/Oを装備し、超低ノイズおよび115dBのダイナミックレンジで動作します。

高度なデジタル信号処理
サンプルレート48 kHz/24ビットのオーディオをサポートし、浮動小数点方式のオープンアーキテクチャDSPを使用しています。また、低レイテンシー動作により高精度のサウンドシステムを実現できます。

AmpLink接続を搭載
標準のCAT 5ケーブルを使用して、互換性のあるボーズアンプに最大8チャネルの低レイテンシー、非圧縮デジタルオーディオを伝送します。

多彩なコントロールオプション
ControlSpace ESPシリーズは、プログラミングが可能なCC-64/CC-16コントローラー、ControlCenterデジタルゾーンコントローラー(CC-1D,CC-2D,CC-3D)、ControlSpace Remoteクライアントに対応します。

業界標準の制御システムのサポート
AMXやCrestronベースのシステムに対応するドライバーにより、内蔵のRS-232ポートとEthernetポートを介した包括的なシリアルプロトコルを利用できます。

 

ControlSpace Designer 5.4

CSD5.4ダウンロードはこちら

ソフトウェアに搭載されたオートマチックマイクミキサー、プレディクティブフィードバックサプレッサー、ルームコンバイナー、マルチバンドグラフィックEQ、パラメトリックEQ、ボーズスピーカーライブラリー、シグナルジェネレーター、ルーター、ミキサー、AGC、ダッカー、ゲート、コンプレッサー、ソースセレクター、ディレイなどの多くの信号処理モジュールにより、様々なオーディオ設備で高度な機能を利用可能。エンドユーザーが操作するコントロールやオートメーションイベントを視覚的にプログラム。シンプルで直感的な操作が可能。

ControlSpace Designerソフトウェアにより、複数のコンポーネントで構成されたオーディオシステム全体の構成、モニタリング、調節をリアルタイムで。短時間で独自のオーディオ・コントロールソリューションを構築。ControlSpace Designerソフトウェアで、顧客のニーズに正確に応える優れた柔軟性を実現します。