NEWSニュース

新製品

2019 新製品のご紹介

2019年に発売予定の製品をご紹介します。

DesignMax Loudspeakers

DesignMaxスピーカーは、高音質、優れたデザイン、そして高い施工性を兼ね備え、あらゆる商業空間でハイクオリティなサウンドを実現します。多彩な12種類のモデルのラインナップにより、あらゆる空間のそれぞれのニーズに対応し、印象的な音空間をすぐに実現できます。DesignMaxスピーカーの均一なフルカバレージは、良質なサウンドを部屋の隅々まで届けることができます。

(クリック拡大)

● 12種類の豊富なラインナップ
● 2インチのロープロファイルモデル
● 8インチの高出力コンプレッションドライバー搭載モデル
● 屋外仕様モデルも含めて、天井埋め込み型・露出型など、用途に応じて柔軟に選択が可能
● 独自のドライバーで、驚きのサウンドをすぐに実現。DSPやEQは不要
● SmartBassプロセッシングや推奨スピーカーEQでさらなるパフォーマンスを実現
● 上質感と意匠性を考慮し、どんなインテリアにも溶け込むスタイリッシュなべセルグリル
● Boseロゴは、必要に応じて簡単に取り外しが可能
● 独自のクイックホールド取付機構で、作業の手間と時間を大幅に節約

(クリック拡大)

PowerSpace and PowerSpace+ versatile power amplifiers

PowerSpaceアンプは、上質な商業空間に必要なパワーレベルとDSPを備えつつコストパフォーマンスの高さが特徴の新シリーズで5機種を展開。拡大を続けるBose Professionalのラウドスピーカーおよびアプリケーションとシームレスに統合することができます。

● チャンネルあたり1000W、600W、または300Wを利用可能
● 互換性のあるDSPとマルチCHデジタルオーディオ接続ができるBose AmpLink入力
● ブリッジ接続不要でロー(4,8Ω)・ハイ(70/100V)インピーダンスにもフルチャネルの出力を提供
● オプションのControlCenter可変ゾーンコントローラーで音量調節と音源切替を簡単操作

ArenaMatch DeltaQ array and Utility loudspeakers

「ArenaMatch」スピーカーは、定評あるDeltaQの音質と柔軟性を、競技場、エンターテイメント施設などの屋外設備でも簡単に構築できるスピーカーアレイ。「ArenaMatch Utility」スピーカーは、ArenaMatchと同等の音質をコンパクトなボディで再現。ゾーンフィルカバレージや高い音圧が求められるフォアグラウンドサウンドにも最適です。いずれもIP55に準拠し、耐久性と信頼性に優れた全天候仕様です。

(クリック拡大)

● 交換可能なウェーブガイドで、カバレージを自由にカスタマイズ
● 非対称なカバレージパターンも構築可能
● 14インチのネオジウムウーファー
● 6個のEMB2Sチタンダイアフラムネオジウムコンプレッションドライバー搭載 
● 3層構造のステンレス製グリル、防水コーティングのウーファーコーン
● 工業用ポリウレタンの外装コーティング、入力端子を保護するモールド加工のカバーを装備
● メインアレイシステムをサポートするゾーンフィル、シームレスな音質と明瞭なサウンドを実現

(クリック拡大)

ControlSpace EX line

ControlSpace EXシリーズに3つの新たなプロセッサー製品が登場。中小規模の会議室に最適化されたプロセッサー「EX-440C」, 従来のControlSpace EX-1280Cと組み合わせることで大規模会議室などをさらに拡張できるプロセッサー「EX-12AEC」は、いずれも16chx16ch Danteを搭載しています。高出力汎用デジタルシグナルプロセッサー「EX-1280」は、劇場、礼拝施設、リゾート施設、宿泊施設など集中的なプロセッシングと拡張性を必要とする空間に対応しているモデルで、64chx64hDanteを搭載するなど、既存のControlSpace ESPシリーズを超える機能と拡張性を提供します。

PowerShare adaptable power amplifiers with Dante®

定評のあるPowerShareシリーズからDanteモデルが新たに登場。出力チャネル全体でアンプのパワーを共有し、常設用の設備に最適な600(400)Wの出力を提供します。合計600(400)Wのパワーを各出力に必要なだけ振り分けることも、1つの出力にフルパワーを集中することも可能。ローインピーダンスと100Vまでのハイインピーダンス伝送の両方をサポートし、様々な用途に手軽にご利用いただけます。

(クリック拡大)

● Danteネットワークのオーディオ入力チャンネル(4ch)をサポート
● ControlSpace Designerソフトウェアで選んだデジタルDante入力と内蔵アナログ入力をミックス
● ブリッジやジャンパー不要でロー(4~8Ω)またはハイインピーダンス(70/100V)に設定可能
● 合計600(400)Wのパワーをすべての出力に自由に振り分け可能。各出力でフルパワーを実現