PRODUCT
MagicBox_3-4_Front_C_Arrays

F1 Model 812 Flexible Array LoudspeakerF1 systems

垂直方向のカバレージパターンをコントロール出来るフレキシブルアレイ・テクノロジーを搭載したパワードポータブルSRスピーカーです。
230,000 円 (税抜/1本)
  • New

Bose® F1 Model 812 Flexible Array Loudspeakerは、垂直方向のカバレージをコントロールできる、業界初のパワードポータブルSRスピーカーです。スピーカーアレイの形状を変えることのできるフレキシブルアレイ・テクノロジーにより、フロア上でも、ステージ上でも、傾斜した席やバルコニー席に向かって演奏する場合でも、会場に合わせた最適なカバレージを実現。デッドゾーンや不要な音の反射を避け、本当に届けたい場所だけに、確かなサウンドを届けることが可能です。
音を、あなたの、形に。すべてのオーディエンスを納得させるライブサウンドが生まれます。

 

 


 

フレキシブルアレイ

スピーカーアレイを押し込む、または、引き出すことにより、「ストレート」、「C」、「J」または「リバースJ」のカバレージパターンに設定可能。ステージ上からでもフロアレベルからでも、さらにスロープの客席に対しても、会場に合ったPAをサポートします。 スピーカーアレイのポジションが変更されると、システムは自動的にEQを変更し、各カバレージパターンに合わせて音質を最適化します。

  flex array coverage2

 


 

8つの中高域ドライバーと12インチLFドライバーを搭載MagicBox_3-4_Front_C_Arrays_No_Grilles

垂直方向に8つの2.25インチ中高域ドライバーを搭載したスピーカーアレイは、それぞれのドライバーが100度の水平指向性を持たせるウェーブガイドにマウントされ、ワイドで均一なサウンドカバレージを実現。スピーチ、音楽、楽器などに最適なクリアでバランスの良いサウンドを提供します。低域ドライバーには高パフォーマンスな12インチウーファーを搭載。単体で43 Hz(-10 dB)までの低域再生をサポートし、力強いサウンドを届けます。また、これらを一般的な2ウェイスピーカーより低い帯域でのクロスオーバーポイントで組み合わせることにより、高いSPLを実現しながら、従来のスピーカーでは得られないほどのクリアなボーカルと中音域の再現性を実現しています。
*52Hz (-3 dB)

 


 

バイアンプ設計

強力かつ軽量なクラスDのバイアンプ設計により、フレキシブルアレイと12インチLFドライバーをそれぞれ駆動し、広いダイナミックレンジと低発熱化を実現し、長時間にわたって安定した出力を提供します。


 

F1_model_812_panel
2系統の入力チャンネル

独立したボリューム調整が可能な2系統の入力チャンネルには、XLR/標準フォーンのコンボ・コネクターでマイク/ラインの入力感度の切り替えが可能なChannel-1と、ラインレベルで標準フォーンとRCAコネクターが接続可能なChannnel-2が用意されており、様々なアプリケーションに対応可能です。

 


 

専用設計のサブウーファー「F1 Subwoofer」(別売り)

F1 Model 812 Flexible Array Loudspeakerに完全にマッチするよう設計されたサブウーファー「F1 Subwoofer」(別売り)と組み合わせて使うことにより、更なる低域再生のパフォーマンスの拡張が可能です。また、「F1 Subwoofer」にはF1 Model 812用の専用スピーカースタンドがビルトインされており、従来のポールマウント型のスピーカースタンドが不要で、簡単・迅速なセットアップと、積み込みや移動の利便性を同時に達成しています。F1_set_up_2