PRODUCT

ControlSpace® ESP-1240engineered sound processor

アナログ12入力x4出力を装備し、パワフルな信号処理を実現する高品質オーディオシグナルプロセッサー。
320,000 円 (税抜/1台)

ControlSpace ESP-1240 engineered sound processors は、1Uサイズでありながら豊富なアナログ入出力を装備し、パワフルな信号処理を実現する高品質オーディオシグナルプロセッサーです。アナログ入出力は12入力x4出力を装備し、内蔵のESPLink端子(8chデジタル出力)に加えてデジタル拡張スロットを使えば、ネットワークオーディオの入出力が容易に拡張できます。また、フロントパネルのEthernet端子によるネットワークコントロールや豊富なオプションコントローラーに対応し、さまざまなアプリケーションに合わせて最適なシステム構築が可能です。

豊富な入出力、4モデルラインアップ

fixed_io_esp_lineup

1UサイズのESPシリーズは、アナログ入出力の異なる4モデル(ESP-880/ESP-1240/ESP-4120/ESP-1600)をラインアップし、さまざまなシステムニーズに柔軟に対応することが可能です。スタンドアローンおよびネットワークアプリケーションの両方において、より最適なシステム構築を実現します。

高品質オーディオプロセッシング

ハイクオリティなアナログ回路を採用し、低ノイズと115dBという十分なダイナミックレンジを確保しています。AD/DAコンバーターは24bit/48kHzの仕様で、32bit fixed/floating-point DSP + ARMプロセッサーによる強力な処理能力を誇ります。これにより、高品質かつ余裕のシグナルプロセッシングを提供します。

優れたインターフェース

フロントパネルにはEthernet (RJ-45)コネクターを装備し、専用ソフトウェアによる容易なシステム設定を実現します。背面にはESPLink端子を標準装備し、Bose PowerMatchアンプへ8chデジタルオーディオ出力が可能です。また、オプションのネットワークカードを装着できる拡張カード用スロットを背面に1つ装備しています。

ESP-1240 各部詳細

<フロント>

1. LEDインジケーター : Power、Signal、Ethernet、Serial indication
2. Ethernetコネクター: RJ45ジャック、ネットワークコントロール用

<リア>

1. アナログオーディオ端子 : 入力端子(バランス、マイク/ラインレベル)、出力端子(ラインレベル)
2. ESPLink出力端子 : PowerMatchアンプ(PM ESPLINKカード装備)との接続用端子
3. RS232 : 5-wire、RS-232C(DTE)シリアルデータインターフェース端子
4. デジタル拡張スロット : オプションのデジタル拡張カード用スロット
5. ACインレット
6. RS485 : CC-16ゾーンコントローラー用端子
7. コントロール入力端子 : GPI入力x5
8. コントロール出力端子 : GPO出力x5

多様なオーディオネットワークに対応

Ethernet (RJ-45)コネクターを拡張できるコントロールネットワークカードに加え、DanteやAVB*などのオーディオネットワーク規格に対応した拡張カードをラインアップ。Bose製品はもちろん、他社の製品/システムを統合したネットワーク構築が可能です。

*AVBインターフェースカードは将来対応予定。

ControlSpace Designer software

ControlSpace Designer softwareにより、シグナルプロセッシングとコントロール機能の両方を設定することが可能です。


ControlSpace Designer ソフトウェアダウンロードページはこちら »

多彩なオプションコントローラー

Ethernet接続のCC-64、RS485接続のCC-16によるコントロールはもちろん、GPI用コントローラーはCC-4に加えて新たにDXA VC-AB、DXA VCの2機種をサポート。サードパーティー製のスイッチ(接点)やボリューム(10kΩ・B型)、シリアル制御によるコントロールにも対応します。